結婚式の費用を事前に把握する|お得プランをチョイス

アットホームな結婚式の形

結婚式

最近少人数の小さな結婚式が増えています。大きな結婚式では気後れしてしまう方や急いで結婚式を挙げたい方、オリジナルのアットホームな結婚式にしたい方などに人気があります。小さな結婚式専門の挙式プランも増えてきています。

More...

ウェディングのお金事情

結婚式場

ご祝儀の利点

結婚式を行うためには、さまざまな費用が必要です。そのため高額になるため自分達で払えるか心配だという方も多いのではないでしょうか。しかし結婚式ではゲストからご祝儀を頂く事が定番となっており、そのご祝儀を結婚式の費用に当てるという考え方をすることができます。そのためすべてを自分達の貯金から払う必要がないという特徴があるのです。事前にご祝儀の金額を想定し、足りない費用がどのくらいになるのか見積もっておく必要があります。また最近では、細かい見積りを事前にもらうことができ、費用の把握ができるケースが多く、費用に合わせてオプションを検討するなど計画的に進められるようになっています。さまざまなニーズに対応できるよう、格安プランもあるため事前に予算を二人で考えることが重要です。

持込料を確認する

結婚式の費用で注意すべきことは、持込料です。最近多くのカップルが結婚式の費用を抑えるために、自分達でアイテムを手作りするケースが増えています。例えば、招待状や席次表を手作りするケースやブーケやプロフィールムービーを制作するケースもあります。その理由は、自分達でも簡単に手作りできるキットやソフトが販売されているためです。またインターネットでは、カタログギフトや引き出物を安く購入できるため、事前に自分達で購入し用意したいと考えるカップルも増えています。しかし注意しなければいけないのは、それらに持込料がかかる場合があるということです。しかし持込料をサービスしてもらえるケースもあり、きちんと事前に確認する必要があります。

ポイントは早目の段取り

パーティー

二次会の幹事を頼まれた場合、早目の段取りが物を言います。まずは会場を下見し、招待客の連絡先をもらいます。二ヵ月前までに招待状を送り、あとは会の進行決定に集中しましょう。司会者の確保も忘れず、早目に台本を渡してあげると良いでしょう。十分な準備をして、余裕を持った二次会にしましょう。

More...

印象に残る映像を

撮影

結婚式の披露宴で余興を取り入れない場合でも、ムービーを流せばそれが立派な演出になります。自分達で映像を作成すれば、作成費用を抑えることができ、その分別の部分にお金を使うことができます。結婚式当日、ムービーを何本流すのか、それぞれの映像の時間はどのくらいにするのか等は、全体を見て決める必要があります。

More...