結婚式の費用を事前に把握する|お得プランをチョイス

印象に残る映像を

撮影

余興がなくても楽しめる

結婚式での進行は、新郎新婦によって異なるものです。二次会だけでなく披露宴でも複数の余興を取り入れる新郎新婦もいれば、披露宴では一切余興を取り入れない新郎新婦もいます。余興を取り入れない場合でも、ムービーを何本か流せば、それが立派な演出になりますので、余興をいれられない場合でも、不安になる必要はありません。ムービーを何本か流す場合、それを作成する必要がありますが、式場や外部の会社に作成を依頼する場合と、自分たちでムービーを作成する場合があります。自分たちでムービーを作成すると、自分たちの好きなように内容を作成することができます。また、外部に委託しないで自分たちで作成する分、作成料を安く抑えることができ、その分他の部分にお金を使うことができます。

たくさんの映像で楽しさを

ムービーを結婚式当日に流す場合、ムービーの種類や本数は新郎新婦によって異なります。プロフィールムービーを流す新郎新婦は比較的多いですが、これ以外にも、オープニングの映像、生い立ちの映像、ありがとうや感謝の気持ちを込めた映像、エンドロールの映像等、作成できる映像はたくさんあります。あまりにたくさん欲張ってしまうと、時間が足りなくなってしまう場合もあるので、式全体の時間を見ながら、映像を何本流すのか、それぞれの映像の時間はどのくらいにするのかを細かく決めていくと良いです。結婚式当日は、何かハプニングが起こる可能性もありますし、結婚式でのお祝いの言葉がとても長くなる可能性もありますので、映像の時間は少し余裕をもたせておくのがおすすめです。