結婚式の費用を事前に把握する|お得プランをチョイス

ポイントは早目の段取り

パーティー

下見と招待状は素早く

二次会を成功させるには、早目の段取りがポイントです。初めて幹事をする場合、何をしたら良いのか分からない人も多いでしょう。すると時間だけが流れ、やることが山積みになっていきます。まず必要なのは、会場の下見からです。二次会の会場は、結婚するカップルが決める場合と、幹事が提案する場合とに分かれます。提案しなくてはならない場合は、尚更早く動くことが肝心です。結婚式場とあまり離れず、スペースに余裕のある会場を選ぶと良いでしょう。その後招待したいゲストの連絡先をもらい、すぐに招待状を送りましょう。メールで配信できるサービスが便利です。ここまでを、当日の二ヵ月前までには済ませましょう。ゲストの出欠調整が第一関門で、素早く手配しないとその後に支障を来たします。

進行と司会者の確保

続いての関門は、二次会の進行の決定です。どのような雰囲気にしたいのか、カップルの意向を汲み取った上で台本を作ります。内容によっては、小道具を仕込んだり賞品を準備しなければなりません。この費用は、幹事ではなくカップルが持つものです。予算を迅速に伝えてあげるとカップルも安心です。忘れがちなのは、司会者の確保です。自分達で担当できれば問題ありませんが、幹事は当日何かと忙しいものです。できるだけ別に司会者を頼むのが安心でしょう。台本を早目に渡し、十分な準備ができるよう配慮しましょう。進行が決定すれば、あとは受付や参加費管理などの担当を決めるだけです。全てを早く段取りできれば、余裕を持った素晴らしい二次会にできるでしょう。